本当に効果があるのか?

お酒飲まなければよかった、、とそんなことを考えても仕方がありません。今の時代では、お酒だけでなく、他の食事が原因でも、痛風になることがわかっていますし、この痛風の原因も様々です。痛風結節ができてしまい、慢性結節性痛風などが起こることもわかっています。

 

急性痛風発作機に適切な治療を受けていないもしくは治療を中断してしまうと、痛風が進行して、関節の痛みなどが慢性化することで、慢性関節製の痛風気に入ります。この時期になると、増えすぎた尿酸が関節だけでなく、皮下組織に沈着し、体のアチラコチラにコブ状の塊となり、痛風結石ができるようになります。

 

痛風結石ができやすい部位には、耳、足の関節、筋、膝、アキレス腱があります。

 

つまり、この部分に対する痛みやピクピクとした、震えを感じた場合は、痛風が起こる可能性があるために、注意をしておかなくてはいけません。

 

注意をすると行っても、普段から痛風役であるコルヒチンなどを服用しておくことが重要。

 

痛風が起こる場合は、何日か前にピクピクとした違和感を感じるパターンが多いために、このような症状を感じた場合に、どんどんと実行していくこと。つまりコルヒチンを服用することが大切。